Category archives: archive

犬の体をデザイン!?ワンちゃんをハートでかわいくしてみよう

犬のヘアースタイルを決めるとき、髪型にお悩みの方も多いでしょう。

しかし、犬のヘアースタイルは、顔や耳、足以外の部分をかわいくすることもできるのです。

とくに長毛犬種で人気傾向があるのが、体に様々な模様を付けるデザインカットです。

ハート型や星型など、様々な柄を体に描くことで、唯一無二の魅力を引き出すことが可能です。

上手く作ることができれば、顔だけではなく、体全体でおしゃれを演出することもできますよ。

主にトイプードルのワンちゃんなど、比較的毛賀伸びやすい犬種で行うことができ、トリミングサロンで注文するのが一般的です。

基本的には体の部位を問わず作ることができ、どのような体型の子でも似合うとされています。

ハート柄などを描いた場合、周りの毛が長いと形が強調されないため、なるべく短く刈り込んで長短のメリハリを付けるのがポイントです。

また、体にハート型を入れるときは体のどこに入れるかをよく考えることが重要になります。

初めて挑戦するときは、ふとももの付け根あたりに入れるのがいいでしょう。

全体のバランスが取りやすく、振り向いたときにさり気なくアピールすることができますよ。

片側に入れるため、反対側から見ることはできませんが、初めてであまり強調したくないという場合に最適です。

もっと目立つようにしたいというのなら、お尻の部分に大きく形を入れるのも効果的になります。

横から見るとどのような形なのかはっきり見えませんが、後ろから見るとはっきり形が分かるためインパクトを出すことができるでしょう。

お散歩のときなどに周りにアピールすることができます。

お尻の部分は、体のなかでも最も大きい範囲で入れることができるため、とにかく目立たせたいという方におすすめの部分です。

体にハートマークなどの形を入れるときには、どの部分なら一番かわいく見えるのかを考えるのがいいでしょう。

トリミングサロンで注文するときに、様々な写真を参考にしてよく相談することが大切です。

毛の色が薄く、形があまり目立たないのであるなら、カラーを変えてみるのも有効な方法ではないでしょうか。

ハート部分だけ色が違えば、視覚的に目立たせることもできますよ。

ただし、犬は個体差により毛の伸びるスピードも変化します。

そのため、場合によってはあまり長持ちしないこともあるのです。さらに、手入れが不十分なままトリミングを行うと、かわいい形を作ることができないこともあります。

毛玉が大量にあると、毛を刈り込むのが難しくなりケガの危険性も高まるかもしれません。

もしトリミングで体にデザインカットを施したいのであるなら、しっかり自宅で手入れをして、トリミングがスムーズにいくようにしましょう。

サロンにお願いするときは、別料金になっていることが多く、場所によって費用が変動することもありますので注意が必要です。

ただ、最適なでデザインカットは犬の持つ個性を最大限に引き出せる可能性を秘めています。

ぜひチャレンジして、ご自宅のワンちゃんをかわいらしくおしゃれにしてみてはいかがでしょうか。

オスのワンちゃんはかっこよく!伸ばせばモヒカンもできる!?

オスのワンちゃんを飼っている方のなかで、もっと男の子らしいヘアースタイルに挑戦したいという方はいませんか?

短くすっきりするのもかっこいいですが、長毛犬を飼っている場合は、さらに男らしさを挙げることができることも可能です。

人間と同じくワンちゃんも、モヒカンスタイルを作れる場合があります。

比較的毛が柔らかい犬種の場合は、毛が寝てしまうのでうまく立ち上がらないこともあるでしょう。

また、モヒカンの大きさを変化させることで、個性を演出することもできるのです。

ワンちゃんのヘアースタイルをモヒカンにする場合は、ある程度毛の長さと硬さが必要になります。トイプードル、シュナウザーなどの犬種で挑戦できるはず。

また、トイプードルなどの血が混じったミックス犬でもできる場合がありますので、検討の際は一度トリミングサロンで可能かどうか相談するのが重要になります。

人間のように刈り込んで作るわけではなく、基本的にはサイドの毛を短くして、トップの毛を残すというイメージが適切です。

耳とつながるとモヒカンラインが際立ちにくいため、境目はくっきりさせるのがかっこよく見せるコツになります。

顔の大きさ、体の高さなどとのバランスを見て、最もかっこよく見える高さでそろえるのがいいでしょう。不自然に高くすると、違和感がでてしまうかもしれません。

また、正面から見たラインがきれいなことも大事ですが、横の見た目の重要な要素になります。

首と自然につながるようにカットしてもらい、体と一体になるように見せることが大事です。

トイプードルのワンちゃんを飼っている場合は、色との関連性を考えることが大切ではないでしょうか。

アプリコットカラーのワンちゃんや、グレーなど、定番カラーであるなら違和感なく馴染むはずです。

必ずしもトイプードルのワンちゃんしかできないわけではありませんが、頭の毛の長さが重要になるため、無理に自分でカットすると失敗を招くおそれがあります。

また、頭と体全体で、太いモヒカンを作るスタイルも存在するのです。

見た目はまるでハイエナのようになり、かっこよさを追求したいという方に適したヘアースタイルとなります。

モヒカンスタイルは、高さを低くすると、少しかわいらしい印象を与えることもでき希望に応じて変化させることが可能です。

もしご自宅で飼っているワンちゃんで、男の子らしさを演出したいというなら、モヒカンに一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

最初から激しくするのが不安な方は、甘めにすることも可能です。

もしお店で他のワンちゃんがモヒカンにしている写真が掲載されているなら、参考にしてみることが大切になります。

たくましさとかわいらしさを兼ね備えることができれば、大切な家族であるワンちゃんがもっと魅力的になるはず。

モヒカンスタイルは、男の子のワンちゃんが持つ魅力を最大限に引き立ててくれる可能性を秘めたヘアースタイルではないでしょうか。

ワンちゃんが可愛すぎる!アフロカットは憧れのヘアースタイル

トイプードルのヘアースタイルは、様々に挑戦することが可能です。

女の子らしさを強調する、男らしさを出すために、ワイルドなスタイルにするなど、飼い主さんの好みに合わせて変化させることができます。

なかでもとくに憧れのヘアースタイルとして人気傾向にあるのは、アフロカットではないでしょうか。

思わず触りたくなるフワフワな頭は、トイプードルのワンちゃんで、一度は挑戦したいヘアースタイル。

ワンランク上のおしゃれを楽しむことができ、服を着せてもかわいらしさを全面に押し出すことができますね。

アフロカットにするためには、ある程度の長さが必要になります。

短いとフワフワ感が足りず、ボリューミーなヘアーに作り込むことができません。

しかし、上手く仕上がれば、どのような顔の形の子でも似合う最適なスタイルとなるでしょう。

アフロは、主にマッシュルームのようなスタイルと、顔全体を含めて丸くするスタイルに分けることができます。

マッシュルームのようなアフロは、頭にだけボリューム残し、下半分をすっきりカットするヘアースタイルです。

食べカスが付きにくく、手入れが楽で実用的なヘアーになります。

また、体を短くカットして、体にメリハリを出し、足を長く見せる手法もあるのです。

少し大きめのサイズの子にはとくに似合うスタイルですよ。

顔全体が丸くなるようにするアフロは、インパクトを求める方に適しています。

耳も丸くカットし、ボールのようにまん丸に作り込むのが特徴です。

フワフワ感を強調することができ、多くの方に愛されるヘアーとなるでしょう。

アフロヘアーを作る際は、毛の長さはもちろんですが、毛の量も重要になります。

生まれつき毛が薄いワンちゃんは、アフロに仕上げても毛が寝てしまい上手く形が整わないおそれがあるのです。

個体差による毛質の変化は、簡単に変えることができないため、アフロの高さを調節するなどして、工夫が必要となります。

毛を長く残すカットであるため、手入れが面倒なのではと心配な方もいるでしょう。

しかしアフロカットは、ブラッシングなどの手入れがいらず、ある程度放置していてもかまわないというメリットがありますよ。

もちろん体の部分は、こまめに手入れをして毛玉ができないようにする必要がありますが、むやみに触るとスタイルが崩れてしまうおそれがあるのです。

アフロカットを作る際は、ただ丸く作るのではなく、目に毛が入らないようにするなど、ある程度すごしやすくなるように気づかってあげましょう。

生活の不便さを解消することで、ワンちゃんにとってもストレスが溜まりにくくなり、かつ個性も強調できるはずです。

体の形は自由に変化させることができ、夏は短く、冬はモコモコにするなど変幻自在にできます。

トイプードルのワンちゃんで一度は挑戦してみたいヘアースタイルとなり、最良なアフロが完成すれば、唯一無二もかわいさを手に入れることが可能です。

もし気になった方は、十分毛が伸びたタイミングで、ペットサロンにお願いしてみるのがおすすめですよ。

快適に過ごしたい!プードルはラムクリップもおすすめ

トイプードルを飼っている方は、ヘアースタイルの自由度が高いことで、迷っている方も多いのではないでしょうか。

可愛らしいヘアースタイルが様々に存在するなかで、従来のラムクリップを選択するのも効果的なのです。

ご自宅でお手入れがしやすく、特徴的な見た目で個性をアピールすることもできます。

男の子と女の子で細かく変化させることもできるため、世界で一匹だけのワンちゃんになるかもしれません。

ラムクリップの特徴は、足先、顔周り、尻尾の付け根をバリカンで刈り込み長短のメリハリを付けたスタイルになります。

耳や頭、体の長さは、季節ごとで変化させることも可能です。

もし男の子らしさを強調したいのであれば、頭の形をモヒカンのようにして、かっこいい印象を与えてみてはいかがでしょうか。

たくましい男らしさと、手入れのしやすさを両立させることができます。

体が大きい子にもおすすめできるスタイルであり、夏は全身刈り込んで涼しくすることもできますよ。

また、もともと毛が少ないという子も、コンプレックスを隠すことができて見た目も自然に仕上がるはずです。

女の子らしさや可愛らしさを強調するときは、頭の形をふんわりと長めに残すのがいいでしょう。

また、耳も長く残すことで、上品さを演出することもできます。

冬の時期は、体全体を長めに残して過ごしやすいようにするのも効果的です。

あまり毛が長いと、毛玉ができやすくなり手入れが面倒になりがちではないでしょうか。

しかし、顔や足回りなど、毛が絡みやすい部分が短いので手入れが比較的楽です。

機能的な面と外観を兼ね備えた万能なカット。

ラムクリップは、プードルが最も過ごしやすく個性を確立するに適したヘアースタイルになります。

足先を刈り込み、指がくっきりと出る特徴があります。

足の毛が短いことで、散歩をしても汚れにくいというメリットがあるのです。

とくに、雨の日の散歩は雨に濡れてしまい、長毛犬は汚れてしまうもの。

放置してしまうと、毛が固まり毛玉の原因にもなりかねません。

しかし毛が短いと、タオルで拭く、軽く洗うだけできれいさを保ちやすくなります。

もし足が出るのが気になるのであるなら、足先だけを刈り込み足の毛で隠してしまうという選択をすることも可能です。

ただし、体の毛の長さが十分にない場合は、隠すのも困難であるため注意しましょう。

短くする部分と長さを残す部分は、飼い主さんの希望次第です。

頭の毛を長くしてアクセサリーで結ぶということもできますし、カットした後にご自身でアレンジすることも自由にできます。

大切な家族であるワンちゃんとしっかり向き合い、どのような特徴があるのかを見極めることが重要ではないでしょうか。

そうすることで、個性を引き出し、その子だけにしかできないヘアースタイルが見えてくるはずです。

最適なヘアースタイルにした後は、少しでも長持ちするように自分で手入れを怠らないことも大事ではないでしょうか。

ワンちゃんを家族として迎える飼い主としての責任も忘れないようにしましょう。

犬の個性を引き出す!アシンメトリーカットとは?

わざと左右のバランスを非対称にするアシンメトリーヘアは、人間でも好んでいる方がいるでしょう。

この髪型は、毛の長い犬なら真似ることができるのです。

おしゃれ感を強調し、ワンランク上のヘアースタイルに仕上げられる可能性があります。

犬のアシンメトリーカットは、トイプードル、ヨークシャーテリア、マルチーズなど頭の毛が長く伸びる犬種で挑戦することが可能です。

基本的なやり方としては、片側のおでこから耳の上にかけて短く刈り込む方法とされています。

長短をくっきりと見せることで、メリハリがありシャープな印象に。

甘く差をつければ、どこか優しさを感じさせるヘアースタイルとなるでしょう。

おでこの上の毛は、あまり長すぎると目に入り、生活に支障が出てしまうおそれがあるため少しカットすることもあります。

はっきりアシンメトリーカットだと認識してもらうためには、ある程度トップの毛が長く伸びていることが重要です。

短いと、「カットに失敗してしまったのでは?」という印象を与えてしまうこともあるため注意しましょう。

アシンメトリーカットは、そのままのスタイルでも十分おしゃれですが、アレンジをすることでさらにかわいく、個性的なスタイルに仕上げることができます。

そのためには、リボンやエクステンションなどの装飾品を活用するのが有効です。

短い部分にさり気なく色違いの毛をプラスする、長い部分をさらに強調するために付けるなど、変幻自在に楽しむことができるでしょう。

また、体とのバランスを見て、トータル的なスタイルを作り出すという手法もあるのです。

足をフワフワにして、頭はシャープに。体は足と頭を強調するよう短く刈り込めば、よりおしゃれ感を強調することもできます。

ただし、サインメトリーカットは毛をサラサラな状態にしてトリミングを行うことが重要です。

もしカット前に毛がもつれていると、上手くヘアーが決まらないおそれがあるので気をつける必要があります。

丸い顔をしたワンちゃんもとてもかわいらしいですが、もし少し変化を加えたい、おしゃれなヘアースタイルに挑戦したいという方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ワンちゃんによっては、毛の流れにクセがあり毛を流すのが難しいかもしれません。

しかし、三つ編みにする、飾り毛を付けるなどして、欠点をカバーできる可能性もあるのです。

トリミングサロンによっては、できないこともあるため、お願いするときは事前に相談してから行くのがいいでしょう。

完成した後は、こまめに手入れしてあげることも大切です。

ワンちゃんが頭を掻いたり寝転がったときに乱れてしまう心配もあります。

いつでも素敵な状態が保てるように、散歩のときはゴムで結ぶなどして対策をすることも必要なのです。

おしゃれ感をしっかり保つことができれば、近所でも人気のワンちゃんとして、視線を集めるでしょう。

もしご自宅のワンちゃんの毛が伸びたら、一度アシンメトリーカットでおしゃれに挑戦してみるのもいいですね。

ワンちゃんの髪型が似合わない?それなら迷わずムスタッシュに

ワンちゃんの犬種のなかでも、とくに人気が高いのがとプードルです。

毛が長く自分の好きなヘアースタイルにすることができ、それぞれの個性を確立することができます。

色んなカットに挑戦したいけど、まずは定番の「テディーベアカット」にしてみたという方も多いのではないでしょうか。

しかし、どこか違和感がある・・・。

そんな仕上がりになってしまったということもあるでしょう。

それは、ワンちゃんの耳の長さや、顔の長さ、ホリの深さに合っていないからかもしれません。

テディーベアカットは、基本的には全てのトイプードルに似合うスタイルです。

犬種のもつかわいらしさを存分に引き出し、万人ウケするヘアーと言えるでしょう。

しかしながら、テディーベアカットをする際も、個体のもつ特徴をしっかり把握して作り込まなければ、似合うスタイルとならないことがあるのです。

もし仕上がり後にあまりかわいくないと感じてしまったときは、少し変化を加える必要があります。

そこでおすすめしたいヘアースタイルが、ムスタッシュカットです。

マスタッシュカット、ピーナッツカットと呼ばれる、テディーベアカットの派生スタイルになります。

口に周りを大きく丸く残してボリュームを出すのが特徴的。

ムスタッシュは、口の部分、マズルが長いトイプードルの子に最適なヘアーなのです。

通常のテディーベアカットでは、マズル周りを切りすぎてしまい、上手く人形みたいな形にならない場合があります。

しかしマスタッシュカットにすることで、上手くバランスを取って顔の形をかわいくする効果が望めるのです。

フワフワモコモコした口がかわいらしく、やみつきになるかもしれませんね。

ただ、マスタッシュカットは、口周りの毛を多く残すスタイルになります。そのため若干食べカスで汚れやすくなってしまうかもしれません。

もし挑戦する場合は、手入れをこまめにすることと、食事の後はしっかり拭いてあげることが大切です。

放置して、顔周りに毛玉ができると、除去のために強く毛を引っ張らなければならず、痛い思いをさせてしまうおそれがあります。

また、大きな毛玉ができた場合は、切り落とす必要があり大きくボリュームダウンしてしまうこともあるでしょう。

そのようになってしまうと、マスタッシュ特有のスタイルが完成しにくくなりますので注意が必要です。

マスタッシュカットは、口周りにボリュームを持たすことで、それっぽくなります。そのため、他のヘアースタイルと組み合わせることも可能です。

足をかわいくカットする、体にハートマークを作るなど、全体的なバランスを取ることで、小顔効果が生まれる可能性があります。

どこか表情がこわばってしまい、かわいらしい印象がないとお困りであるなら、ぜひ一度マスタッシュヘアーを試してみてはいかがでしょうか。

上手く仕上がれば、通常のテディーベアより少し個性を強調することができ、個体がもつ魅力を引き出してくれるはずです。

シュナカットってなに?シュナウザーの魅力を引き出す基本

ドイツが原産国で、口ヒゲが生えている特殊な犬種、シュナウザー。

日本でも人気が高い傾向にあり、多くの家庭で飼われています。

しかし、シュナウザーを飼っても、どのように手入れをしてあげればいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

シュナウザーも長毛犬種の一つであり、放置しているとヒゲが長く伸びすぎて生活に支障が出てしまうおそれがあります。

また、ダニやノミも付きやすくなり生活上で不便が多くでることもあるのです。

シュナウザーのカットは、「シュナカット」と呼ばれる定番スタイルがおすすめになります。

かわいらしさはもちろん、普段の生活で汚れにくくなりご家庭でも快適にすごせるようになるはずです。

シュナカットは、頭から背中、尻尾にかけて体を短く刈り込んでいくのが特徴になります。

上から見たら短毛犬種と見間違えるほど短くなるかもしれません。

しかし、体全体を短くするのではなく、体の下部分は長く残していきます。

ちょうどお腹と足が長く残る形になり、シュナカットの基本スタイルです。

顔は、おでこまでは短く刈り込みますが、まつげやヒゲは長めに残すとかわいらしさを際立てることができますよ。

シュナカットは、ご自分の好みでアレンジすることも可能です。

まつげは少し短くする。足も短くしたいなど、ご家庭ですごしやすいように要望を伝えることが大事です。

夏の時期には体全体を短くするということも可能であり、汚れにくいように対策をすることもできます。

シュナウザーを飼っていて、どのようなカットにすればいいのかお悩みであるなら、一度シュナカットにしてみてはいかがでしょうか。

どのような個体にも合い、犬種のもつ魅力を存分に引き出すことができますよ。

シュナウザーは、トイプードルと同じく比較的カットの自由度が高い犬種でもあります。

定番のスタイルもありますが、そこから変化を加えて個性を演出することも可能です。

トイプードルのように、テディーベアのような見た目に寄せる、モヒカンを作ってたくましさを強調するなど様々なカットに挑戦することができます。

顔の形や毛のやわらかさなど、個体差を把握して最適なスタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

似合ヘアースタイルを見つけることができれば、近所でも人気になるほどのかわいらしさを手に入れることができるはずです。

ただし、シュナウザーも放置すると毛が伸び続け、毛が絡んで毛玉ができてしまうおそれがあります。

トリミングサロンに連れて行く前には、適切に手入れをしてからお願いするようにしましょう。

あまりにも大量の毛玉がある場合は、長く毛を残すのが困難になってしまうかもしれません。

カットをした後も定期的にブラッシングを行い、常に快適に過ごせるように配慮をすることが重要です。

もしどうしても嫌がってしまいご自分だけで手入れをするのが困難であるなら、安心してまかせることができるトリミングサロンに連れいくのも手段の一つではないでしょうか。

定番はやはりこれ!プードルはテディーベアカットで決まり

数ある犬種のなかで、ペットとして最も人気が高いのが、トイプードルです。

まずでお人形のような愛らしさをもち、毛が長いため自由なスタイルを楽しめるのが人気の要因と言えます。

自分好みのカットにすることで、ご自分の家族の個性を際だたせることもできますよ。

犬も人間と同じく、個性は個体差で違います。

そのため、同じヘアースタイルでも全く同じになることはないのです。

トイプードルの定番のカットとして人気が高いのは、「テディーベアカット」ではないでしょうか。

具体的にどんなカットは分からなくても、名前だけでは聞いたことがある。

そのような方も多いと思います。

どんなカットに迷っているときは、まずはテディーベアカットにして、ワンちゃんの特徴を知ることも可能なのです。

毛質が柔らかい子や、目が大きい子、耳が大きい子によって、仕上がりは様々に変化します。

また、トイプードルは毛の抜けない犬種という特徴もあるのです。

抜け毛が心配な方も、室内で気軽に飼いやすいという利点があります。

しかしながら、トイプードルは長毛犬種に分類されるため、毛が絡みやすいという欠点があり手入れを欠かさないことが大切です。

テディーベアカットは、適度な長さとふんわり感を残すことができ、自分で手入れをするのが比較的簡単というメリットもあります。

日々ブラッシングをするのにも、毛があまりに長いと面倒だという方も、テディーベアカットにして手入れをしやすくしてみてはいかがでしょうか。

またトリミングサロンでお願いする場合は、事前に自宅でブラッシングをしていくことをおすすめします。

毛が絡んだ状態だと、カットの仕上がりに影響するおそれがあるのです。

可愛らしく仕上げるためには、毛の状態が重要になります。

毛玉があることで、トリミングにも時間がかかり、しっかり毛がそろいにくいためまんぞくできる仕上がりにならないかもしれません。

丁寧に準備をしてくことで、その子に最適なスタイルが完成し個性を引き出すことが可能です。

別で過ごしやすくしたいという要望があるのであれば、なるべく具体的に伝えることも大事ではないでしょうか。

以前耳の毛を短くして失敗した、この子はすぐに毛が伸びる子だから短めにしたいなど細かい希望を明確にしましょう。

そうすることで、そのワンちゃんだけのテディーベアカットが完成します。

トイプードルの定番のカットではありますが、実は個性を最も活かせるスタイルでもあるのです。

もしご自宅でトイプードルを飼っていて、どのようなヘアースタイルにするか迷っているのであれば、一度こだわったテディーベアカットにしてみてはいかがでしょうか。

犬の個体差に合った最適なスタイルを完成させることができれば、世界に1頭だけのワンちゃんになるはずです。

もちろんカットをした後は、可愛さが長持ちするように自分で手入れすることも大事なので、飼い主さん自身がブラッシングをすることも忘れてはいけません。


ワンちゃんのトリミング料金やケア用品の購入で気がついたら今月ピンチ!
そんな方はカードローンを一時的に使って上手にやりくりしましょう。
アイフルでカードローンを簡単申し込み

ワンちゃんの体と合わせる?個性的な恐竜カットも魅力的

色んなカットを試してきたけど、もっとインパクトのあるヘアースタイルに挑戦したいとお考えではないでしょうか?

とくにトイプードルは、カットの自由度が高く様々ヘアースタイルに挑戦可能です。

もっと個性を出したいという場合は、体と一体になって作り上げる「恐竜カット」がおすすめですよ。

他のワンちゃんには真似できない、世界で1頭だけの個性を確立することも可能になります。

恐竜カットは、頭はモヒカン、体の背中部分を残して、他の部分は短くすることで完成します。

体を刈り込む長さを短くすればするほどラインが強調され、より個性が強く現れるでしょう。

足元は、比較的自由に作ることができ女の子でも挑戦することができるのです。

少し力強い印象を与えるため、男の子のトイプードルでないと難しいのでは?とお考えだと思います。

しかし、足先を丸く作り込み、耳は長くかわいらしく、そして尻尾も丸く作ることで、甘い恐竜カットにすることも可能です。

また、体を長めに残せばモヒカンラインも抑えられます。

ご自宅のワンちゃんが、やんちゃな女の子であるなら、一度挑戦してみてもいいですね。

また、恐竜カットは、さらに派手なスタイルにすることもできます。

犬用のヘアーカラーを行い、モヒカン部分の色を変えることで、強い個性を作り出すことも自由自在。

赤一色に染めれば、まるでお人形のようなヘアースタイルが完成します。

恐竜カットは、比較的足が長くて大きめのトイプードルのワンちゃんに似合う傾向はずです。

プードルのなかでも、大きな種類である、「スタンダードプードル」を飼っている方には、最適ではないでしょうか。

個体の大きさも影響して、外を散歩するだけで視線を釘付けにできますよ。

SNSなどにアップして、周りに自慢することも可能です。

ただし恐竜カットは、皮膚が弱い子にはおすすめできません。バリカンで体を刈り込むため、カット後にケガ伸びてこなくなってしまうおそれがあります。

また、冬の時期にカットすると、少し寒い思いをさせてしまうこともあるでしょう。その場合は、服を着せてあげるなど、ワンちゃんに対する配慮が必要です。

恐竜カットは、比較的個性が強く出るため、サロンでカットをお願いする前に相談してから行うことをおすすめします。

お店に恐竜カット、もしくは、似たヘアースタイルにしたワンちゃんがいるのであるなら、情報を提供してもらうのもいいでしょう。

犬は個体ごとに毛の硬さや毛量、クセなどが違います。

写真を持っていっても、100%そのままのカットになることはないため、注意が必要です。

同じヘアースタイルにしても、微妙に変化があります。

たとえ他のワンちゃんが恐竜カットにしても、全く同じになることはないでしょう。

これまでのヘアースタイルに飽きてしまった方は、一度大胆に作り込む恐竜カットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

きっと周りの目を引き、近所の人気者として有名になるはずです。

他の犬種に寄せる!?犬のヘアースタイルの考え方

ご自宅で犬を飼っている方のなかで、どのようなヘアースタイルにすればいいのか、お悩みだと思います。

犬の毛は、人間と同じように個体差があるのです。毛が硬い、量が多い、すぐ伸びるなど様々に変化します。

最適なヘアースタイルを決めるときは、そういった点を踏まえて考えることが大切です。

短毛犬種の子は、自由にカットをして髪型を変えることはできませんが、長毛犬種であるなら、様々なヘアースタイルに挑戦することができますね。

トリミングの技術も進化し、色んな選択をすることが可能です。

たとえばトイプードルなど、多種多様なヘアースタイルにカットできる犬種は、その子の持つ魅力を存分に引き立つことが重要になります。

定番のカットをしても、なかなかしっくりこないときもありますし、個性的なものも似合わない。

ただ自分の好みに決めるだけでは、最良なスタイルを完成させることが難しいでしょう。

その際は、ご自宅で飼っているワンちゃんが、どのような特徴をもっているのかを観察してるのが有効です。

耳はどのくらい長いのか、目の大きさ、足の長さなど全体を見てみましょう。

そういったことを踏まえ、トリミングサロンなどでプロのアドバイスをもらいながら決めることが大事です。

頭のボリュームが大きすぎて体とのバランスが悪くなるのもいけません。

また、短くカットしすぎると、本来の魅力を損なう子も存在するため注意が必要です。

特定の犬種を飼っている場合は、最初にどのような毛質の子でも似合うスタイルにカットするのもいいでしょう。

まずはスタンダードなヘアースタイルに仕上げ、そこからワンちゃんに似合う最適なヘアースタイルを考えるのも選択肢の一つです。

また、ミックス犬を飼っている方は毛質に注視しなければなりません。

たとえばプードルとチワワのミックス犬であった場合、どちらの犬種に近いのかを把握して決める必要があります。

プードルに近いようなら、通常のトイプードルと同じようなヘアースタイルに挑戦することができるはずです。

しかし、チワワの毛質に近いのであるなら、あまりフワフワ感のあるスタイルを作ることは困難になります。

ミックス犬の場合は、正しい知識がないと判断が難しい傾向があるので、なるべく多くの犬に触れてきたトリミングサロンに相談するのが懸命かもしれません。

犬のヘアーカタログを見ても、本当に自分の家の子に近いかどうかを判断する必要があります。

深く考えずに注文しても、サロンによっては断られてしまうおそれもあるのです。

犬のヘアースタイルを決めるときは、飼い主さんの希望だけではなく、ワンちゃんの持つ個性をしっかり見極めてあげることが重要になります。

そうすれば、自然と最適なスタイルが見えてくるはずです。

うまく自分がプロデュースしてあげることで、多くの人にかわいがってもらえるワンちゃんになるでしょう。

カットをした後は、できるだけかわいさが持続するように、こまめに手入れしてあげることも必要です。